日勤のみの看護師が必要な施設

banner 看護師の病院勤務の一番のネックはやはり夜勤が多く、
プライベートが充実せずそれがストレスになり高い離職率と
繋がっている場合が多いです。

実際看護師に実施したアンケートでは現在看護師の職務に就いている方の
約80%の方は退職したいと考える事があると答えています。

ただ看護師の仕事でも日勤のみの勤め先は意外に沢山存在していて
看護師とワンセットのイメージが強い夜勤を避ける事も十分可能です。

例えば保育園や保育所での常駐看護師や訪問看護ステーションでは夜勤は無く
日勤のみとなりますし、医療関係研究企業などは看護師の需要もありこちらも
夜勤はありません。

夜勤を避けるだけなら看護師資格や経験を活かした沢山の求人があり、
転職を考えた際には看護師を辞めるのではなく看護師の資格と経験を
活かした業種に転職する事を考えてみてはどうでしょうか。

病院での勤務と比べて給与面では下がる事もあり得ますが、なにより夜勤がなく
心身ともに充実した生活が送れるようになるのは夜勤嫌いの方からすると
大きなメリットなるでしょう。

綺麗事を言えば病院の看護師不足は国としても大きな問題ではありますが、
まずはせっかく苦労して取得した看護師資格を所有している方が看護師を
辞めてしまうのが個人的にはもったいなく感じてしまいます。

注目コンテンツ

日勤のみの看護師が必要な施設

記事をみる

看護師は結婚・子育てと両立はできるのか

記事をみる

日本での看護師の不足人数

記事をみる

Copyright(c) 看護師の就職・転職ススメ. All Rights Reserved.