banner banner banner

新人看護師の離職率

banner 勤務年数一年未満の新人看護師の離職率は約9パーセントと
非常に高く、4年制大学や専門学校を頑張って卒業して国家資格まで
取得として看護師になったにもかかわらずかなり高い数値が出ています。

元々女性が従事している事が多い看護師の仕事ですので結婚や出産を機に
離職していく方は多い業界ではありますが、勤務一年未満で退職して
そのまま看護師の世界から離れていくにはかなりもったいない気がします。

そもそも離職の理由がいわゆる医療ミスが怖くて辞めてしまったのなら
おそらく看護師には向いていない方だったのかもしれませんが、
労働環境や人間関係でだけが理由で辞めているのなら退職は自由でも
看護師の世界から遠ざかるのはさすがに考え治してほしいと願います。

看護師は誰にでもなれる職業ではありませんし、苦労して看護師になったのですから
まずその病院が自分に合わなかったと考えせめて転職を考えてみるべきでしょう。

病院によっては労働環境が整っている施設もありますし、夜勤が嫌なのであれば
診療所や外来専門としている施設も存在しています。

私も経験はありますが、職場の人間関係は一度壊れると修復しにくいですが、
転職して環境を変えれば今まで嘘だったかのような良い雰囲気で
働ける事も少なくありませんので退職する事は別に構わないとしても
転職を視野に入れもう一度チャレンジする事が大切です。

注目コンテンツ

日勤のみの看護師が必要な施設

記事をみる

看護師は結婚・子育てと両立はできるのか

記事をみる

日本での看護師の不足人数

記事をみる

Copyright(c) 看護師の就職・転職ススメ. All Rights Reserved.